わたし流 食のこと 

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レモンと金柑のマーマレード

袋入りの国産レモンが安く売っていたので、嬉々としてまとめ買い。
プリザーブド・レモン(モロッコのタジンなどに使うレモンの塩漬け)にするか散々迷った挙句、
金柑と合わせてマーマレードにしてみました。


きんかん


レモンって本当に強力なペクチンをお持ちよねぇ。かなりユルユルに煮上げたのに冷めるとピシっ
と固まりましたもの。

レモンの皮独特の苦味をわざと残してみたんです、そして、仕上げに格好付けてブランデーも
垂らしてみたんです、そして、直後にひと匙すくって舐めてみたら「苦っ!!」。
”たくさん作ったのにこれじゃぁ誰にもあげれないじゃない!お願いだから時計の針を戻してーっ!
ブランデーは無かったことにしてーっ!”て心の底から叫んだわ。

でも、数日経って開けてみたら、ずいぶんとまろやかに変化し、20歳以下禁のブランデー臭も消え、
丁度良い感じのホロ苦さになってたんです(特にウォッシュ系チーズとの相性はなかなかのもの)。
そういえば、最近読んだ保存食の本に、『瓶に詰めたジャムはすぐに食べたいのを我慢して(←我慢
出来ないに決まってるわ~)2ヶ月以上休ませると味に深みが出る』と書いてありました。ほぉ。
それと、レモンと金柑の皮の質感にも顕著に違いが出て、切り方や大きさを工夫しなきゃなぁと考察。
素材の特性やちょっとしたプロセスのコツなど、毎回たくさんの発見があって果てしないです、ジャム
作りは。
(ビター・テイストがお好みの関係者各位、ご連絡くださいまし。)



びん

《追記》
先日Iさんから、大小とりどりの小洒落た空き瓶詰め合わせセット2012(素敵なプレゼント付)が
送られて来ました。どうもありがとうございます!!
以前も同様にしてくださったのですが(そう、確かあれは2009ヴァージョンだったかしら?Iさんの
性格を表したかのような感動するほどの厳重かつ丁寧な梱包はあの頃と何ら変わっていないわ)、
一体どのように過ごしていたらこんなにも瓶を溜めることが出来るのか???その秘訣は???
是非一度プライベートに密着したいところです。
これで心置きなく瓶詰め作りに没頭出来ます(すぐに使い切っちゃうけど)。本当にありがたい。
何か美味しいのが出来たら送りますね!!




スポンサーサイト

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

  1. 2012/03/07(水) 23:57:11|
  2. 保存食
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:6

丸パンが届いた

友人にお勧めのパンの本を贈ったら、先日遊びに行った時の忘れ物(タルト型)と一緒にその本のレシピで
作ったパンを送ってくれました。


yu-.jpg


バターとジャムを塗って朝食に頂きました。暫くこのパンを自分では作っていないので、懐かしい味がしました。
こうして自分の周囲で好きな世界が繋がったり広がって行くのって、なんだか素敵なことだし嬉しく思います。


余談ですが、この子はいつもデリケートなクッキーや今回のパンもビニール袋+紙袋に入れただけ+ワレモノ
シールで送ってくるので、常々お菓子贈答用に空き缶だの空き箱だのをかき集めて溜めに溜め込んでいる私
としては結構びっくりするのですが、意外とこれでイケるもんだなぁ(度胸あるなぁ)、としきりに感心。割れたり
潰れたりしてたこと無いですもの。

Yちゃん、わざわざ送ってくれてありがとう!美味しかったよ~。



堀井和子の1つの生地で作るパン―私のパンのおいしいレシピ堀井和子の1つの生地で作るパン―私のパンのおいしいレシピ
(1996/05)
堀井 和子

商品詳細を見る

贈ったのは堀井和子さんのこの本。
昔パン作りを始めた頃、とってもとってもお世話になりました。このレシピで何十回焼いたことか。
パンの他にも、堀井さんの粉ものレシピは何度作り続けても飽きのこない美味しいものがたくさんあります。



テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/03/04(日) 23:52:44|
  2. ケーキ・ベーキング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

Currant and Walnut Sourdough

昨年末にちとユニークなパン作りの本を衝動買いしたのをきっかけに、狂ったように色んなパン焼きまくり。
そして、目下、『サワードゥー・ブレッド』の猛勉強中。
『サワードゥー』とは、粉と水のみでプクプクと起こした種で、ほんのりとした酸味が特徴です。
これがイーストを使ったパンとは違ってなかなか言うことを聞かず、ほぼ丸一日かけて焼き上げたパンが
ぺったんこだった時のやるせなさといったら・・・、よくめげずに頑張っているなぁと我ながら思います。

早く暖かくならないかなぁ~(発酵に湯たんぽやら電気毛布やらを姑息に駆使しまくって大変よー)。


005.jpg


今回は、カランツとクルミ入り。直径20cm大。


まだまだコツは掴めず。今後も試行錯誤は続きます。
美味しく焼けるようになったら皆に分けてあげたいです。



テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/03/01(木) 23:53:02|
  2. ケーキ・ベーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓦礫の山

年明けから暫くブログを更新していなかったので大分遅くなってしまいましたが、年末年始に
帰省した時に書きたいと思っていたことを。

1/5、女川の写真です。


117.jpg
お3
o2.jpg


高さ5メートルはあるでしょうか。私の下手っぴなアングルではうまく伝わらな過ぎて残念ですが、
この瓦礫の山が延々と先まで続いています。車を走らせど走らせど延々と・・・。

帰る度に必ずこの場所は訪れていたので徐徐に積み上げられていく瓦礫に見慣れてはいたの
ですが、サスガに今回は「こんなにー!!」とあまりにも膨大な量と威圧感に愕然としてしまい
ました。ちなみに、瓦礫集積場はここ一箇所だけではありません。

この一帯は別に空き地でも人里離れた場所でも無く、震災前は家々が立ち並んでいたところで、
この瓦礫の壁に挟まれた道は今でもバリバリ現役の公道。奥には仮設住宅が立ち並んでおり、
すぐ横の高台には子供達の通う学校があります。つまり、この中で人々が生活している訳です。

年末に都内のアンテナショップを訪れたら、水産加工品を販売している女川と石巻の方にお会い
しました。その方は、「瓦礫ん中で生活しでっど本当に気分が滅入っちゃってしょーがねーよー、
夜なんか真っ暗でなーんにも見えねんだよ」とおっしゃっていました。
大人でもこうなのに、子供達への影響を考えたら、本当に心が痛みます。何年もこの中で成長して
いかなければならないのでしょうか。

他の被災地域も同じ問題を抱えていることでしょう。
震災から一年が経とうとしていますが、同じ陸続きの日本でこのような環境で生活している人達が
たくさんいるんだということを言いたかったのです。



o5.jpg


そういえば、駅の至る所に貼ってあった、かなりイカしたポスター。
この熱いコピーといい、配色といい、『グッド駅のポスターデザイン賞☆』、勝手に授与です。
初めて見た時胸が熱くなり、小さくガッツポーズしてしまいました。やるなぁ、JR東日本。






  1. 2012/02/27(月) 23:18:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Coconut Macaroons

かぼちゃプリン(大好き!)作成後に余った卵白で、ココナッツ・マカロンを。

マカロンには色んなタイプがあるようですが、これは、卵白とおびただしい量の砂糖を湯煎で
溶かして、途中たっぷりのココナッツも加えて混ぜながらシロップ状にトロリとさせたものを、
スプーンで落として焼いただけのもの。
材料も少なく工程もシンプルで、とってもお手軽。


まかろん


外はザクッ、中はネチッ。
顔を近付けるとプ~ンと強烈に漂うココナッツの甘いかほり。んー、たまりませんっ。


ココナッツついでに、旅のココナッツ・ショットを。

ここなつ


カンボジアの市場にて。
おじさん、背中に結構目立つ穴開いてるし、絶対にシャツの袖を捲り上げるべきだと思うけど、
そんなこと気にせずココナッツに集中しているわ。

この削ったココナッツの白いとこに水分を加えて揉んで絞ったものが、普段私達が缶詰などで
利用している甘くて濃厚なココナッツミルクです(実をかち割った中の液体はココナッツジュース)。
この生のココナッツの白いとこも美味しいんだなぁ。
ココナッツ2

天然ココナッツジュース。
半透明で風味は少なくほのかに甘い。熱い時にサイコー(温いが)。

ココナッツ3

ココナッツジュース、ビニール袋入り(最初びっくりしたけど意外と飲み易かったわ。)


テーマ:クッキー・ケーキ・他 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/02/23(木) 23:36:06|
  2. ケーキ・ベーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。